« クリアスタンプ | トップページ

スクラップブッキング基本の道具

Begin01_01_2

 道具をそろえよう!

 スクラップブッキングの基本の道具は、とてもシンプル。
 特別なものを買いそろえなくても、十分楽しめますよ!

 まずは、最低限の道具をそろえてから、
 必要に応じて道具を買い足していきましょう。

 アルバムを長くきれいに保存するなら、経年劣化の元となる
 酸、リグニン、PVCの含まれないもの(*)を使うとよいでしょう。

 

*:スクラップブッキングの商品に書かれている、「アシッドフリー」などの文字が目印です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Begin01_02b
 はさみとカッター


 はさみやカッターは、家にあるもので大丈夫。

 はさみは、先が細くなっているものが使いやすいですが
 特殊なものは必要はありません。

 

Begin01_04b

 カッターマットと30cm定規

 12インチ(30.5cm)のペーパーを切るのに、
 A4サイズより一回り大きいカッターマットと、30cm定規を用意します。


 定規のメモリは、インチとセンチ両方あると便利ですが
 センチだけでも大丈夫です。

 

Begin01_06b
 ペーパートリマー

 ペーパートリマーが一台あると、作業がグンとはかどりますよ。
 12インチのペーパーも、トリマーにセットして刃を動かすだけで
 まっすぐカットできます。

 メモリがついているので、長さを計りながらカットできるスグレモノ。

 作業効率をアップさせて、どんどん作りましょう。

Begin01_03b  

 テープのり

 写真やペーパーはのりで貼り付けます。
 
スクラップブッキングで大活躍するのは、テープのり。
 作業が早くなるうえ、汚れたり、しわにもなりません。
 

 はじめのうちは、もっと手軽に始めたいなら、安価なスティックのりでも。

 薄いペーパーや写真は、しわになりやすいので
 あまりおすすめではありません。

Begin01_05b_3

 ペン

 記憶は色あせてしまうけれど、ペンで書いた文字は消えません。
 

 まずは黒の水性ペンやゲルペンを使って、
 写真にまつわる思い出を書き残しましょう。

 経年劣化しやすい油性ボールペンやにじみやすいペンは向きません。

 

 


« クリアスタンプ | トップページ